Appsのキャンピングカーにはルーフベント(換気扇)がついています。
少し能力は低いタイプだったため高性能ルーフベントへの交換を行いました。

アメリカ製の高性能ルーフベント マックスエアー
キャンピングカーの本場はアメリカやヨーロッパですのでパーツも海外メーカーが多いですね。
サーモ付きで室内温度を感知してファンの速度を自動調整したりします。
maxxfan_remote_control

こちらが古いタイプのルーフベント。
いままでお疲れ様でした!
mini_IMG_4433

ネジ、コーキングを剥がして古いルーフベントを取り外します。
ここまでくると後戻りできません。
mini_IMG_4434

MAXXFANの交換手順が載ったブログはたくさんあるのですがブチルテープを使っている方ほとんどいない不思議。
メーカーの取り付け動画ではブチルテープによる防水を推奨していますしアメリカのブログでは大体ブチルテープを使っています。
といことでAppsのルーフベントではブチルシートも使用して取り付けます。
mini_IMG_7269

はみ出たブチルシートをカッターで切り取り、コーキングをしてベースの取り付けは完了です。
ここまで来れば完成したも同然!
mini_IMG_4440

本体をベースに取り付けし元々あった12V配線につないで完成です。
mini_hands-on-maxx-fan
20140820-02

これでより快適にキャンピングカーをお楽しみいただけるようなりました。
和歌山にお越しの際はぜひAppsレンタカーをご利用下さい。

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!