もうすぐ夏休み。これから海やキャンプなどに出かける人も多いことでしょうね。皆さんの夏休み計画はいかがですか?

さて、そんな夏のアウトドアで一番気がかりなのが日焼けではないでしょうか?特に小さいお子さんや女性は、日に焼けないように気を使いますね。でもどんなに気を使っても少しは日光にあたってしまうもの。そこで、今回は「万が一日に焼けてしまった時の緊急対処法」をご紹介します。

日焼け1

1.まずは冷やす

日焼けはやけどの一種なので、もし日に焼けてしまったらまずはお水などで冷やすことが肝心だそうです。また、保冷剤やビニール袋に入れた氷をタオルに包んであてるのもおすすめ。ただし水風呂は体も冷やしてしまうので、注意しましょう。

2.保湿する

日焼けの跡を残したくなかったら、保湿が大事になってきます。ただし、ヒリヒリと痛む場合は、普段の化粧水は使わずに、ワセリンなどの軟膏がおすすめ。肌のほてりが冷めてきたら、化粧水をたっぷりつけて保湿をしましょう。日焼けした肌は水分不足なので、顔にも身体にも、いつもより多めにつけてくださいネ。

3.ビタミンCでターンオーバーを活性化

日焼けした肌には、特にビタミンC、ビタミンE、βカロチン、たんぱく質、亜鉛などが有効です。肌の新陳代謝をうながし、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を活性化します。こうすることで、シミやシワの原因となる活性酸素を押さえる抗酸化作用が期待できますよ。

ビタミンCであれば、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物や、トマト、パプリカ、アセロラなどの緑黄色野菜、またビタミンEは、アボカドや大豆、ゴマ、ナッツ類などに、βカロチンはニンジンやカボチャ、ほうれん草などが豊富な食材として挙げられます。

しまった!と言う前に、まずは日焼け対策!こちらをご覧下さいね。

 

 

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!