暦の上でも最も寒くなると言われている時期になって来ました。みなさんは風邪など引かれていないでしょうか?

こんな寒い季節ですが、冬のキャンプが病み付きになっているアウトドア派の方々は結構いらっしゃいます。そんなキャンプ上級者に聞いた、防寒対策のアイディアを3つご紹介します。これさえ知っていれば、窮屈な重ね着や邪魔になりそうな厚手のジャケットもいらないかも?!

首を暖めよう

otona_151224_main

体のパーツの中でも最も寒さを感じやすいと言われているのが「首」まわり。首には大きな動脈が通っているので、首を保温すると血行がよくなり、温かい血液が身体中を巡るのだそうです。首回りを暖めるだけで、嘘のように寒さを感じなくなりますので、タートルネックやマフラーなど首の周りを覆うような服装をしてみましょう。

ランニング用のタイツをはいてみる

marathon3

 

 

意外と侮れないのが「ランニング用タイツ」です。冬の寒い中でもランナーは走り続ける!そのために防寒に優れたランニング用のタイツが数多く売られていますので、要チェックです。これをインナーとして使えば、かなりの防寒対策になる事間違いなしですね。

レトロだけど侮れない「湯たんぽ」

hot-water-bottle01-1050x500

キャンプ場でもお湯さえわかせれば、暖がとれるのが湯たんぽ。冬の寒い時期、キャンピングカーで車中泊しても、寝るときはやっぱりちょっと肌寒いですね。そんなときに湯たんぽは最適。おすすめはアルミ製のものだそうですよ。

アップスレンタカーのキャンピングカーなら冬のキャンプでも快適♪ ぜひ皆さんも冬のキャンプを楽しんでくださいね!

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!