紀州漆器の一大産地として知られる和歌山県海南市黒江の「ぬりもの館」は、地域の魅力を発信しようと「黒江カレー」の販売を開始したらしい。「黒江カレー」は、同館と和歌山市十番丁のカレー店「イゾラべーラ」が共同開発したとのことですが、カレーはこんな感じです。

黒江カレーs012

えっ、ま、真っ黒?!いったいどんな材料が使われているのでしょう?!

お店のスタッフの「黒江らしさを伝えたい」との要望で、ルーを「黒江」の名前にちなんで竹炭を使用し、全国の収穫量の約8割を占める海南市と紀美野町産のぶどう山椒を使用して、このような仕上がりになったそうです。

このカレーをわざわざクリーム色に仕上げた紀州漆器のオリジナルカレー皿に盛りつけてくれるうえ、わざわざお店でひいている山椒の味がクセになり、お店に来る人の評判は上々だとか。

ぜひこの黒江カレー、味わってみたいものですね!

和歌山での食べ歩きに、アップスレンタカーのスーパーセブンでどうぞ!

cropped-cropped-tight__loud_and_totally_obsolete___but_lots_of_fun_by_pingallery-d55jgof

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!