これまでアップスレンタカーのスタッフブログでは、和歌山の様々な謎に迫ってきました(?)が、今回は心臓の弱い方は見ないほうが良いかもしれません。とりあえず、ここでやめとこ、という人は印南町の男前な「顔の家」でも見てってください(笑)

では気を取り直して、本題にううりましょう。

以前から「怖い」と噂のあった物件(というより掘っ立て小屋?)は和歌山県広川町の津木というところにあります。まずは外観をどうぞ。

もうちょっと近くで見てみると・・・

内装がもっと怖い・・・・・・・・・・・・

床には割り箸で作った十字架が散乱しているそうです・・・

ちなみにグーグルストリートビューにも出てこないそうで「グーグルの人も怖くて行けなかったのでは」という噂がたっておりました・・・。

 

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!