5月5日はこどもの日。こどもの日は「端午の節句」ともいいますよね。「端午の節句」は中国から入ってきたならわしで、男の子の誕生と健やかな成長を祈る行事です。各家庭や地方によって祝い方は様々ですが、こいのぼりを立てるのは、滝をさかのぼる力強い鯉にあやかったものだとされています。力強く元気に泳ぐこいのぼり。そんなこいのぼりが観賞できる場所を、いくつか御紹介したいと思います。

こいのぼりの丹生川渡し (伊都郡九度山町)

戦国武将真田幸村ゆかりの地として知られる和歌山県九度山町。丹生川の川幅(約100メートル)いっぱいに、約100匹のこいのぼりが風を受けて泳ぎます。每年、家庭で飾らなくなったこいのぼりを地元などから譲り受けて使用しているそうです。河川敷でバーベキューをしながら、のんびり観賞してくださいね。

【開催期間】2017年5月5日(天候により変更あり。)【開催地】九度山周辺【問い合わせ先】くどやまI LOVE運動推進会(九度山町商工会内)〒648-0101 和歌山県伊都郡九度山町九度山1186 TEL 0736-54-4268 FAX 0736-54-4278

ふるさとの川総合公園 (有田市)

野球場やテニスコートなどの運動施設も兼ね備えている公園で、約150匹のこいのぼりが元気に泳いでいます。こいのぼりは市民の方々から譲り受けたものを使用しているそうです。こいのぼりを観賞しながらの散歩は気持ち良さそうですね。

【所在地和歌山県有田市宮原町滝川原地内河川敷【設置期間】平成29年5月14日まで。【問い合わせ先】有田市役所 〒649-0392 和歌山県有田市箕島50番地 TEL 0737-83-1111(内336)  FAX 0737-82-6968

潮岬沖の海中 (串本町)

こんなところにも!?

「串本ダイビング事業組合」のダイバー7人が「住崎」と呼ばれるダイビングスポットに潜水して、17匹のこいのぼりと吹き流しを取り付けたそうです。海面から約10メートルの深さで、潮の流れに合わせて海中を泳ぐこいのぼり。本物みたいに見えるので、なかなか迫力がありますね。今年で5回目となるこの海中こいのぼりは、コイだけじゃなくカツオとマグロが三匹ずつ加わったそうです。これが間近で見れたらスゴいなぁ。カナヅチじゃない方は必見ですね!!

【設置期間】平成29年5月9日まで。

以上、こいのぼりスポットの御紹介でした。気になるスポットはありましたか?是非、元気に泳ぐこいのぼりを見に和歌山へ足を運んでくださいね。(※天候によって開催期間や設置期間が変更になることがあります。事前に御確認のうえ、お出かけください。)

和歌山県でキャンピングカーをレンタルするなら、アップスレンタカーにおまかせ。お気軽にお問い合せくださいね。お待ちしております。

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!

和歌山のキャンピングカーレンタルならアップスレンタカーへ!!